煮物 魚介のおかず 和のおかず 北陸の料理 秋の食材

フクラギの味噌炊き

更新日:

フクラギはブリの幼魚で、コズクラよりさらに成長して脂がのっています。
コズクラのように、ざん(アラ)を使ったとても美味しい味噌汁ができるので1尾で買い、お店でさばいてもらいましょう。
片身は刺身でいただいて、骨のついたもう片身は煮魚にしてみましょう。
ふわふわの白い身を煮汁につけていただきます。骨の周りの身も味がしみこんで美味しい。
かんきつ類の汁を入れて煮ると魚の臭みが和らぎます。

材料(3~4人分)

フクラギ 骨付き片身 
しょうがの薄切り 5~6枚
チンゲン菜 2株 ・・・白い部分と葉の部分に切り分けておきます

【A】
水 カップ1
酒 カップ1/4
ブラウンシュガー 大さじ3
しょうゆ 大さじ1
ゆずの絞り汁 1/2個分

味噌 大さじ3~4

作り方

 

  1. フライパンに【A】を入れて煮立たせます。
    4~5等分に切ったフクラギを皮が上になるようにして並べ入れます。
    弱火で落としぶたをして7~8分煮ます。
    ポイント
    火加減は、フクラギが固くならないよう弱火ではありますが、落としぶたの下で煮汁が対流する程度です。
  2. 味噌を水カップ1/4で溶き、フクラギの上にのせるようにしてかけます。
    フクラギの横にチンゲン菜の白い部分を加え3~4分煮てから葉を加えさっと煮ます。
  3. フクラギとチンゲン菜をお皿に盛り付けます。
    フライパンをもう一度火にかけ、煮汁を少し煮詰めます。
    とろみがついたらフクラギの上に多めにかけます。
    ポイント
    煮すぎると濃くなるので味をみながら煮詰めます。

-煮物, 魚介のおかず, 和のおかず, 北陸の料理, 秋の食材

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.