秋の食材 お菓子

紅玉りんごのジャム

更新日:

甘酸っぱい紅玉は10月半ば頃から旬のものが出回ります。
傷みやすいですが2~3個ずつポリ袋に入れて冷蔵庫で保管すれば長くもちます。
レモンを入れなくても自然の酸味があり、また煮崩れしにくいのでジャムに最適です。
厚さを変えて切ることで白い部分が残り、ホームメイド感があっていいと思います。

材料

紅玉 3個(600g~)
グラニュー糖 300g~(りんごの半量)

 

 

 

作り方

  1. 紅玉は皮をぐるりとむいて8等分にして芯を取り除き3~5ミリ幅の薄切りにします。
    薄切りの厚さは均等にしないほうが食感の違いを楽しめます。
    ポイント
    りんごを薄切りにするときは、安定させるためにまな板に寝かせると切りやすくなります。
    2個ずつ並べて切ると早く終わります。
  2. 切ったりんごを鍋に入れて、皮(なるべく赤いもの)を1個分ほどのせます。
    上からグラニュー糖を加えて火にかけます。
    弱火でアクを取りながらぐつぐつと煮ます。
    好みの固さまで煮たら熱いうちに瓶に入れて保存します。
    ポイント
    皮を少し入れることでほんのりピンクに色づきます。

 

 

保存瓶の殺菌の仕方
ふたを外して沸いたお湯に入れ15分以上殺菌します。
出来立ての熱いジャムを殺菌したての熱い瓶に入れます。
タイミングを合わせるために、ジャムを煮ている途中から殺菌を始めましょう。

 

 

 



-秋の食材, お菓子

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.