常備菜 和のおかず 冬の食材

黒豆の煮物

更新日:

おせち料理にかかせない黒豆ですが、12月には新豆が出回ります。
お正月本番前に一度作っておくと、忙しい年末に重宝します。
しわができてしまっても、
皮のしわには長寿の願いが込められます。
ふっくらと張りのある黒豆にしたいときは、たっぷりの煮汁で煮ます。
豆によっても煮え方が違いますし、そのときどきの仕上がりを楽しみましょう。
煮汁は喉によいとされますので、安心していただけるようブラウンシュガーを使いましたら、こくのある、でもすっきりとした甘さで、贅沢な一品になりました。

材料

黒豆(新豆) 250g

黒豆について
丹波の黒豆は上等でふっくらやわらかく仕上がりますが、地元の新豆などでも豆らしい食感になりとても美味しくできます。

A
ブラウンシュガー 200g
しょうゆ 50g(カップ1/4
重曹 小さじ1/3
塩 ひとつまみ

さびくぎ(または鉄玉子)

作り方

  1. 黒豆はよく洗って、ざるに取ります。
    鍋に水1リットルを煮立てます。
    火を止めて【A】をすべて加えて混ぜ、さびくぎを入れます。
    黒豆を加えて、そのまま5時間~一晩おきます。
  2. 翌日、鍋を中火にかけます。
    煮立ってくると、黒いアクが浮き出てくるので、手早く取り除きます。
    すぐに1/2カップほどの差し水をします。
    再び煮立ったらアクを取ります。
    これを何度か繰り返してできるだけアクをきれいに取り除きます。
  3. ごく弱火にして、オーブンシートで落としぶたをし、さらにその上にふたをします。
    そのまま45時間ほどやわらかくなるまで煮ます。
    途中、煮詰まって煮汁がすくなくなったら差し水をし、常に煮汁が十分に黒豆にかぶるようにします。
    煮あがったら、一昼夜そのままおいて、味をふくませます。

-常備菜, 和のおかず, 冬の食材

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.